処方箋の受付

患者さまにお薬をお渡しするということ

 「正しい調剤と服薬指導」「リスクマネジメント」など、薬剤師に求められる役割は数多くありますが、その役割を果たす上で最も大切なことは、患者さまとそのご家族さまの立場で考え、様々な苦悩、痛みを感じ取ることです。

 そして「お薬を正しく、できるだけはやく、気持ちのいい応対でお渡しする」という、当たり前のことを当たり前に行うのはもちろんのこと、患者さまとの対話の中から、お困りごとを解決へ導くことが私たちの使命だと考えています。

調剤の流れ

① 受付

患者さまより処方せんをお預かりします。初めて来局された方には、安心してお薬を服用していただくにあたり、サプリメントを含めた併用薬、既往症などに関する問診表の記入にご協力いただき、患者さまの情報を含めた薬歴を作成します。

② 処方せん内容の鑑査

処方せんの内容に不備な点や誤りがないか、また、用法用量が適切であるかなど、薬歴と照合しながらチェックします。その中で必要に応じて医師へ疑義照会を行います。

③ コンピューター入力

鑑査した処方せんの内容をレセプトコンピューターに入力します。レセプトコンピューターによる相互作用、重複投与などのチェックを経て、薬袋をプリントし、調剤に入ります。

④ 調剤

処方せんに基づいて、錠剤、散剤、水剤等を調剤します。患者さまに安全でより服用しやすいお薬をお渡しするために、散剤鑑査システムなどの調剤鑑査システムや、お子さま向けの服用サポートアイテムなどの充実を図っています。

⑤ 総合鑑査

調剤されたお薬をチェックします。調剤した薬剤師とは別の薬剤師が鑑査に当たり、複数の薬剤師の目でチェックします。

⑥ 服薬指導

お薬の種類や、効能・効果、服用方法などをお薬の説明書を用いて患者さまにわかりやすくご説明します。また、患者さまのより良い環境作りに役立つ適切なアドバイスを行います。

⑦ 会計

お薬をお渡しした後、患者さまの保険別負担割合に応じ会計を行います。

⑧ 薬歴管理

患者さまとお話した内容については、個人情報保護法を遵守し、薬歴に記載し管理します。
次回以降のスムーズでより良い服薬指導に役立てられます。 

はるか薬局山里
はるか薬局栄生
調剤予約