在宅医療について

在宅支援するということ

 病気の治療や医学的管理のために、患者さまのご自宅で行われる医療を在宅医療といいます。
 在宅医療に係わる業務として、私たちは医師の指示または医師との相談の上、患者さまのご自宅に薬剤師が訪問し、お薬を正しく使っていただくための説明、服用状況の確認、副作用のチェックなどを行っています。
 薬剤師が訪問することで患者さまの生活空間、お薬の服用状況(過不足等)、併用薬などを把握することができ、生活の中で本当に必要とされる指導ができます。
 超高齢社会を迎え、在宅医療は今後さらに必要とされていく中、はるか薬局は地域に密着した医療サービスの一環として、在宅患者訪問薬剤管理指導・居宅療養管理指導を活動内容の上位に位置付け、積極的に参加しています。

在宅患者訪問管理指導とは?

 通院が難しくご自宅で療養されている患者さまに対して、医師が訪問し診察が行われた後、処方せんが発行されます。その指示に基づき薬剤師が患者さまのご自宅を訪問し、薬歴管理、服薬指導、お薬の保管状況確認等、お薬を正しく服用していただくための管理指導を行います。その後、処方せん発行医師に対し、訪問結果について必要な提案や情報提供を行います。

このような車に乗ってお伺いします。


 駐車などでご迷惑をおかけすることがありますが、交通ルールは守っておりますので、何卒ご容赦ください。

はるか薬局山里
はるか薬局栄生
調剤予約